まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

スマホのアプリが消えた時

ロック画面を解除する

 

何も出てこないスクリーン

 

デフォルトのカメラモード

 

インカメにして自分を写す

 

いつ見ても

不意打ちの

下アングルの顔

 

毎回、驚く

待ち時間

 

一番リアルで

隙のある私

 

カッコつけるのが大好きだけど

 

生まれつきのダサさを

さらけ出す

 

心のアプリが起動した