まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

卵パック

いつものルート

いつもの疲れた足取りで向かう

近所のスーパー

卵が98円で買えたからちょっとハッピー

でも冷蔵庫にしまったら

そのハッピーも冷蔵保存

私の体に常温で保存できない儚さ

 

いつものルート

いつもの疲れた足取りで向かう

近所のスーパー

卵が138円で売ってたからちょっとブルー

そのブルーは空っぽの冷蔵庫に保存されない

私の体に常温で入ってくるブルーは

やっぱり儚い