まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

少数派がいなかった

多数派の中にいた私

面白くないから

少数派に寝返った

 

少数派で楽しかったのに

ネットを見たら同じような人だらけ

こんなの多数派じゃん

 

もっと少数派に寝返った

ネットを見たら

結局これも多数派だった

なんて面白くないのだろう

 

究極の少数派になりたい

特殊な派閥を見てみても

数人は確実にいる

つまらない

 

もっとおかしくて

理屈とか言葉とか通じなくて

本能で生きてない人間が

いたら面白いのに