まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

心通ずる文章の最後

釘付けになる文章

すっと私の心に入ってきて、頭に沈み込み

読めば読むほど共感の嵐は過ぎ去ることを知らない

尊敬できて話の合うであろう作者

こういう人に日本を任せたいな

とか生意気なこと思っちゃう

 

プツン

あ、おかしい

先入観か偏見か矛盾か

完璧だったメッキが剥がれ出した

その部分だけの欠陥のはずが

さっき読んだところの欠陥につながった

 

あーあ

また東大の教授が変なこと言ってるね

あーあ

また日本の権威が変なこと言ってるね

 

頭の良い人が愚かに見えた

頭の悪い私が賢く見えた