まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

白米

炊きたてのご飯

 

温かさをおかずに食べた

ふっくらと炊き上がったご飯

その柔らかさは私の舌を虜にした

 

その優しい甘さは

日本人の奥に眠る優しさを

感じさせる

 

砂糖という無機質でB級なものより

京料理のような白米が好きだ

 

温かさをおかずに食べるご飯

毎回、感動をくれた

一生ついていきます

白米