まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

自分のものがない部屋

必要なものは完璧に揃っている

しかし、何か物足りない

 

この空間に対する私の異物感

 

暇を持て余した私は

綺麗なベットに入り

眠りについた

 

朝、目覚める

昨日と同じ

この部屋

 

時間はあるのに

自由じゃない

 

やりたいことはあるのに

やる気が起きない

 

この不思議な部屋は誰の部屋なのだろう