まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

音楽曲music

卒園式の合唱曲

大っ嫌いな音楽の時間に歌った曲

狂ったように一日中聞いていたあの曲

踊った曲

涙を流した曲

 

 

今、思い出す

この瞬間

当時の自分と共鳴して

興奮して笑って歌って泣いた

 

懐かしいより先に心の底を揺さぶっていく

私は変わってきた

あの時の自分に会うと心が痛くなる

 

ピアノの伴奏CDiPodウォークマンパソコンスマホ

 

必要以上に感情を揺さぶる曲たち

いつも近くにあって、これからもある

 

なんだこれ

だれの曲だよ

 

私の曲でない気がしてならない