まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

魅力

そういうの望んでないんだよなー

髪の毛茶色にしたり化粧したり

ブランド物身につけたり

自分を大きく見せようとしても

別に私は恐縮しなし

尊敬したりしないよ

リアルを覆い隠されてもリアルはみることができる

ただ、時間がかかるだけ

リアルを覆い隠された状態では

私の興味はひけない

その時点で、どんな良いものを持っていたとしても

私は見に行くこともない

だから、そのままでいて

何も手を加えないで

そしたら

すぐ見つけられる

だから、いらないよ

取り巻く全て