まみずハルカの文章

まみずハルカが綴るエッセイポエム小説日常詩〜

ITの波

ボタン一つで

快楽が手に入る

いやボタンという概念さえも存在しない

 

神経に電気信号を送れば

私はハッピー

世界はハッピー

 

最新機種のゲームもいらない

松坂牛もうなぎもいらない

 

欲しいのはその電気信号だけ

 

それが手に入れれば

どんな体験もすることができるし

嫌なことは100%排除できる

 

昔の人は否定するこの世界

倫理上よくないとか

人間の尊厳とか

わーきゃー言って死んでいった昔の人

 

合理的なのは分かっているけど

なんとなくやりたくない気分が行動の邪魔をする

 

でも

時代が来れば絶対に逃れることはできない

 

遅かれ早かれその波はやってくる

 

それに直面するのがあなたなのか

それとも子孫の私なのか

 

私は逃れる立ち回りにはなりたくない

子孫がどうなるかは分からない

 

どっちでもいいなら、アクティブな方を選びたい